スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局どれなんじゃあああい!!!【アカスジベッコウVSナンヨウベッコウVSフチトリベッコウ論争】

夏に西表にて撮影していたアカスジベッコウ?と思しきトンボ写真。ブログ記事としても8/26にアップしています。記事はこちら。「アカスジベッコウトンボ」

アカスジベッコウトンボ
2015/08/03 西表島にて撮影

こいつ。実はこの記事を書こうとしてアカスジベッコウの学名を調べようとググった際、なんだか似た種がいるらしいということを初めて知りました。しかしネット上の情報では八重山に定着しているのはアカスジベッコウNeurothemis ramburiiだということもあり、よく調べずにまあそんなものか、とアカスジベッコウ(N. ramburii)としてアップしていました。
似た種とは、ナンヨウベッコウトンボNeurothemis terminataと、フチトリベッコウトンボNeurothemis fluctuansの2種。フチトリベッコウ(N. fluctuans)は後翅翅端の透明部分が後部へ回りこむようになるので一目瞭然なのですが、アカスジベッコウ(N. ramburii)とナンヨウベッコウ(N. terminata)の違いがわからん。というわけで更にググったところ、行き当たったのはこちらこの画像(他サイトさんに飛びます)。

アカスジナンヨウフチトリ
(他サイト様からの引用です。すみません)

これによると、やはり大きく違うのがフチトリ(N. fluctuans)。♂のナンヨウ(N. terminata)と♂アカスジ(N. ramburii)は似てはいるものの、これを見る限り部分的に3列になるのがナンヨウ(N. terminata)、そうでないものがアカスジ(N. ramburiiのようです。

じゃあ先日撮った写真を見比べてみようじゃないか!ええと……この部位が写ってる写真はと……

アカスジベッコウトンボ
2015/08/03 西表島にて撮影
うーん……

ナンヨウベッコウトンボ
ナンヨウ
2015/08/03 西表島にて撮影
こっちのほうがよさそう。……あ!3列になってるとこある!!!!!
え?じゃあこいつはナンヨウ(N. terminata)ってこと?


そして画像を漁ってましたら一昨年西表で採集した(正確にはこの後リリース)Neurothemisの写真を発掘しまして。
アカスジベッコウトンボ
アカスジベッコウ
2013/08/10 西表島にて撮影
古いほうのカメラで撮ったのであまり鮮明ではないけれど、2列!ということはこいつはアカスジ(N. ramburiiなのか?????


結局トンボは普段さっぱり採らないのでわからないことだらけ。混乱しまくった挙句、ちびオオセンチのお知り合い唯一のトンボ屋さんである尾園さん(@PhotomboOzono)にTwitterで泣きつくことに。

ちびお「尾園さんー西表で今夏撮ったアカスジはナンヨウだったみたいなのですが……」
尾園さん「知り合いの研究者の方に聞いてみるね!」

尾園さんの優しさ……!!!。+゚(゚ノД`゚)゚+。

というわけで研究者の方々に聞いていただいたところ、ちびお写真について教えていただいたことは以下。

① cu室(三角形の部分)は複数の横脈が走っているのでアカスジ(N. ramburii)ではなくナンヨウ(N. terminata)の特徴である。
② ナンヨウ(N. terminata)は典型的には後翅の着色部の先端がもう少し直線状であるが、これにも個体差がある。
③ とはいえ2種は非常によく似ており、また両者とも生息する地域もあり、更に台湾やフィリピンにおいては中間的なものもいるとか。
④ 翅脈については変異が大きく、典型的でないものも多いため翅脈のみでの同定は不可能。
⑤ 印象的にはアカスジ(N. ramburii)のように見える。


とのことでした。まとめると、


【まとめ】
アカスジ(N. ramburii)とナンヨウ(N. terminata)は非常によく似ており、双方とも外見上の個体差が大きく、交雑個体も存在するため、採集してDNAをみないとはっきりわからない。


ということみたいです。外見上の差も大してなく、交雑もするし混生してもいるなんてもうシノニムでいいんじゃ……とか素人としてはついつい考えてしまうのですが、DNAをみるとそれなりに違いがあるんだとか。

ちなみにアカスジ(N. ramburii)は更に、日本に入っているとされるN. r. ramburii以外にも、
N. r. martini
N. r. oceanis
N. r. papuensis

という亜種に分かれるそうですよ。別種でさえここまではっきりしないのに、その亜種とかまじ闇でしかねえですね。


というわけで、今年の夏に出会った彼はナンヨウベッコウトンボNeurothemis terminataの特徴をもってはいるが、アカスジベッコウトンボNeurothemis ramburiiの可能性が高い、ということになりました。はっきりわからなかったといえばそれまでなのですが、逆をいえば皆がアカスジ(N. ramburii)だと思っていた個体にナンヨウ(N. terminata)が紛れている可能性もあるということで、とても面白く感じます。しかし結局、撮影だけではだめなのだなあと。きちんと同定し、学ぶには採集することこそが大切なのだと感じました。
最後になりましたが、教えていただいた尾園さんと、研究者の方々には本当にお世話になりました。また南西諸島で採集・撮影をするのが、今からとても楽しみであり、今回のことはとても勉強になりました。浅学のためまた頼らせていただくことがあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

アカスジベッコウトンボ

アカスジベッコウトンボ
アカスジベッコウトンボ Neurothemis ramburii ramburii
2015/08/03 西表島にて撮影

今から三年ほど前になるだろうか。西表島にていつもの林道へ行き、見慣れた川沿いの道を歩いていたとき、見慣れぬ真紅の影が目の端を横切った。その影は空へと舞い上がり、同じ真紅の軌跡と激しい攻防を繰り広げ、上流のほうへと消えた。
なんだ今のは?と体中がざわつくような感覚を覚え、興奮のまま少しその場で彼らを待つことにした。いずれ戻ってくるはず。しかし悠々と帰ってきた彼らはトンボであることしかわからないほどのスピードで飛び去り、次の年に捕獲するまでしっかりと姿を見ることはできなかった。

帰宅後調べてみると、近年入った外来種であったらしい。しかし美しかったなあ、と記憶は色褪せることがなかった。

それ以来、ずっと写真を撮りたいと思いながらも、なかなか止まってくれなかったり、止まっても遠かったり遮蔽物があったりで、さっぱり写真を撮ることができなかった。ワインレッドの翅に真紅の翅脈、そのどちらとも違う鮮やかな赤に輝く体。スレたり、死ぬとすぐに色が落ちていくため、ぜひとも写真で残したかった。しかしなかなかに難しく、いつか撮ってやると心に決めていた。

そして今年。与那国島にてやる気ポイントを使い果たし、長かった八重山遠征ももう終盤。「もうむしをとりたくないよおおおおおあああああああああああああああああああ」とか叫びながら林道を縦横無尽に転がりまわりつつ、アリの行列の中にさーたーあんだぎーのかけらを落とし、集まるアリに時折水をかけて試練を与えながら下賤の者共を俯瞰する神様ごっこをしていたときである。すぐ横に、あの真紅の軌跡がふわりと止まった。
アカスジベッコウだ!ふらふらと近づき、カメラを構えた。普段の敏感さが嘘のように全く逃げる気配を見せない。これは撮り放題だぞ、ということでパチリパチリ。


アカスジベッコウトンボ
アカスジベッコウトンボ Neurothemis ramburii ramburii
2015/08/03 西表島にて撮影

正面顔もこんな感じに。なかなか新鮮な状態に近い個体で、また5cmくらいまでレンズを近付けてもぴくりともせず、とても良い被写体になってくれた。


アカスジベッコウトンボ
アカスジベッコウトンボ Neurothemis ramburii ramburii
2015/08/03 西表島にて撮影

最後に撮らせてくれてありがとう、と話しかけ、手を差し伸べると首を傾げるような動きをした。その後カメラにレンズキャップをつけ、もう一度見ると立ち去ったあとだった。
去年も深刻な水不足に悩まされたという西表島、今年も雨があまり降っておらず、全体的に虫がかなり少ない印象だった。そんな中でも姿を見せ、被写体として活躍してくれた本個体。来年も、再来年も、あなたの子孫とまた遊べますように。


アカスジベッコウについては後日またまとめています。詳しくは11/03結局どれなんじゃあああい!!!【アカスジベッコウVSナンヨウベッコウVSフチトリベッコウ論争】へ。

アカスジベッコウトンボ

なんか毎日更新してみる。果たしてどこまで続くのか。
とはいえネタが豊富にあるわけではないので、過去の画像を引っ張りだしている。

アカスジベッコウトンボ
アカスジベッコウトンボ Neurothemis ramburii ramburii
2013/08/10 西表島にて

ワインレッドの地に鮮やかな紅の翅脈という、美しいカラーリングのトンボ。元々自然に入ってきた移入種のようで、調べてみると与那国島に2006年、西表島には2009年に入ったことが確認されたとか。また、西表にて初確認した方が実はお友達の一人で、世間って狭いなあと実感したり。
毎年夏に某林道に出かけると、川沿いを歩く途中で決まって3~4頭とすれ違う。生態写真を撮りたいが、素早く警戒心が強くてなかなか寄らせてもらえない。西表島の滴るような湿度、そして涼し気な川面の上空で、太陽光を浴びて輝きながら縦横無尽に飛び回り、縄張り争いに興じるこのトンボの姿は一見の価値ありと思う。


アカスジベッコウトンボ
2014/08/12 西表島にて

ただやっぱり死ぬと汚くなっちゃうんだよなあ……なんとかこの色を残す方法はないものか。。。
今年こそは生態写真撮ります(戒め)
プロフィール

ちびオオセンチ

Author:ちびオオセンチ
vip虫すれ在住だった虫コテ。
太陽神で虫が好き。
カミキリ屋見習い。

☆おともだち☆
・D5300
・SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
・TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
・SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
・SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
 
生き物に関係することをあれこれ書いています。
八重山諸島によく行くので、旅程モデルや島情報なんかも挙げてます。便利な採集用具まとめなんかも。詳しくはカテゴリの「便利情報まとめ」をどうぞ。
たまに日々の備忘録とか、ゲームとか。

ついったーやってるよ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
来てくれてありがとう
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。