ウスバシロチョウ

先週の日曜(5/26)、京都のほうまでウスバシロチョウを見に行った。以前一度だけ沖縄虫毒ぽんさくと行ったことがあるのだが、いかんせん大学の頃の話である。もう何年前だよ。思い出せねえよ。
とはいえ、ここ数年久々にバシロちゃんに会いたいなあなんて思いも強くなってきていて、去年どたばたしてるうちに時期を逃してしまったので今年こそは、と出陣した次第である。

バシロはかわいい蝶である。なんというか、のんびりやさんだ。可憐なのとはまた違う。太陽が出れば一斉に「風に飛ばされる」。飛んでいるんだけど、風に乗っているような感じ。そしてこんなナリしてアゲハの仲間だとか、氷河期の生き残りだとかスフラギスとか繭作るとか、小ネタに事欠かないムシだ。

ところでぽんさくに降りる駅やら行き方やらを聞いて行ったのだが、どうにもバス停を降りてからの道が思い出せない。結局適当にてってけ歩いて、それっぽい場所に到着はしたのだが一つずれた棚田に降りるという結果になった。まあバシロちゃんいたからいいか。シマヘビとも遊べたし。



そんなこんなで早速バシロちゃん

ウスバシロ
ウスバシロ
ウスバシロチョウ
Parnassius citrinarius (Motschulsky, 1866)

太陽がガンガン照っていたせいか、かなり活性は高かった。最初はなかなか止まってくれず、写真が撮れなかったのだがシャッターチャンスがきたのでパチリ。



アマガエル
ニホンアマガエル
Hyla japonica (Günther, 1859)
けろけろさん。



ベニシジミ
ベニシジミ
Lycaena phlaeas (Linnaeus, 1761)
かわいいべにしーちゃん



ウスチャコガネ
ウスチャコガネ
Phyllopertha diversa
ぶんぶん飛んでるからなんだろうと捕まえてみるとウスチャ。雌雄で色が違う。もこもこでかわいいやつ


ウスチャコガネ
どえらい格好の人。よくそのままぼーっとしていられるな!



ウスバシロ
ウスバシロ
ウスバシロ
そんでまたバシロちゃん。パルナシウスはかわいいなあ!ちびおが愛する某青森の友人ze-phに見せてもらったバシロはもっと白かった。(友人のブログ→青森の蝶たち:白いウスバシロチョウ特集青森の蝶たち:ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ))地域によって少し違うらしい。こっちのはほとんど鱗紛なさそうに見える。ze-phの写真技術がえげつないのもだが、バシロの白さがとんでもない。驚きの白さである。白いバシロも、いつか見てみたいもんだなあ。



こんな感じで満足し、帰路につく。今回行った場所はバスが一日三本しかなく、逃すとどえらいこっちゃである。いつもの「ウヒョーwwwwwwwまた遅刻ったwwwwwwwwwwwwwwwまあなんとかなるっしょwwwwww」のノリでは済まされないシビアな場所である。遅刻魔のちびおにとっては飯やトイレがないより圧倒的に厳しい地域ともいえる。今回は珍しくちゃんと時刻に間に合ったが、次回からも気をつけよう。



バスを待ちながらチビタマを発見。種はわからん。詳しい人教えてください。

DSC_1536.jpg
DSC_1533.jpg
DSC_1527.jpg
小さいわ風で揺れるわで恐ろしく苦労して撮った写真。何枚シャッター切るんだってぐらい切った。ちびたまかわいい。



楽しい一日だった。ちゃんちゃん。
明日はピドニアにまみれてこようかな。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびオオセンチ

Author:ちびオオセンチ
vip虫すれ在住だった虫コテ。
太陽神で虫が好き。
カミキリ屋見習い。

☆おともだち☆
・D5300
・SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
・TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
・SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
・SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
 
生き物に関係することをあれこれ書いています。
八重山諸島によく行くので、旅程モデルや島情報なんかも挙げてます。便利な採集用具まとめなんかも。詳しくはカテゴリの「便利情報まとめ」をどうぞ。
たまに日々の備忘録とか、ゲームとか。

ついったーやってるよ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
来てくれてありがとう
QRコード
QR