スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルリクワガタ

さて、兵庫県某所までコルリ探しに行ってきた。一つ前のエントリで書いたように、土曜(日曜か)の夜3時半に車で拾われ、sakzakと職場の同僚と共に兵庫へ。6~7時から行動開始という真面目虫屋。超真面目虫屋。しばらくのんびりしたものの他にすることがなかったので採集に向かったというのは内緒。


現地に着き、林道をぐいぐい上っていく。しかしそこに我々を待ち受けていたものとは……

三川山
スーパーファッキンスノー!!!!!!


ある程度の場所から上に行けず、サクサク歩いて上ることに。上のほうは斜面によっては雪がかなり残っており、陽が差したあともそちらからは涼やかな風が吹いていて心地よかった。良いように捉えないとやってられない。

他にも青いネットを持った人たちが多くいて、ギフ狙いなんだろうなあという感じ。sakzakはギフを狙うと言って座り込んでしまったので、ちびおは少し下った林道でコルリを探すことにした。


三川山
このような景観の林道で、林道沿いにブナが生えている。とはいえちびおはコルリ童貞。ネットで得た知識をもとに、新芽を物色する。


三川山
三川山
全体的に見ればかなり高いところの葉はもう芽吹きの季節を過ぎ、開ききっているものが多い。しかし目線から手元くらいの高さの新芽はまだ堅いものも多く、そのあたりを見ながらうろうろ。


三川山
三川山
目線あたりの新芽はこんな感じ。しかし探しても探しても一向に見つからず、全体的にかなり葉が出てるよなあ……時期遅かったかなあ……ちびおの探し方が悪いんだろうなあ……ボウズは甘え……ボウズは甘え……なんて自分を戒めながらひたすら探す。


三川山
三川山
快晴なんだよ……気温も高いんだよ……あとは君らが飛ぶだけなんだよ……


そうこうしているうちに、青ネットの人たちがどんどん増えていき、昼前頃に諦めたらしくどんどん下山していく。実はコルリ探してるときにギフは一頭だけすれ違ったが、あまり興味がないためスルー。

時間は昼過ぎ。何度も何度も同じ木を見回って一頭も見つからず、バテかけたその瞬間。

三川山
こんな感じの新芽のついた枝を上っていく、輝く緑色っぽいムシを大興奮の中引き寄せると本種でした。残念ながらすぐに手を出してしまったため写真は帰ってからのものとなります。執念勝ち!!!


コルリクワガタ
コルリクワガタ
コルリクワガタ Platycerus acuticollis
2015/04/26 兵庫県にて採集、自宅にて撮影

太陽光下で見たときは青緑に輝いていて非常に美しかった。その色を出すのがどうにも難しい。ぐぐってみたらニシコルリ?になるのか?キンキコルリになるのか?よくわからぬので保留。存外小さく細く、枝の上を歩いているところを下から見ているとアトキリゴミか何かのように見えた。調べていると三桁採れる日もあるのだとか……そんな光景を見てみたい。


三川山
林道よさようなら。また来るよ。

結局この日はギフヌル、コルリ1という結果に。しかしこれでなんとかコルリ童貞は卒業した。次はもうちょい、わらわらいる姿を見てみたいな。
この日見た他のムシに関しては、次回から適当にまとめます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびオオセンチ

Author:ちびオオセンチ
vip虫すれ在住だった虫コテ。
太陽神で虫が好き。
カミキリ屋見習い。

☆おともだち☆
D5300
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
 
生き物に関係することをあれこれ書いています。
八重山諸島によく行くので、旅程モデルや島情報なんかも挙げてます。便利な採集用具まとめなんかも。詳しくはカテゴリの「便利情報まとめ」をどうぞ。
たまに日々の備忘録とか、ゲームとか。

ついったーやってるよ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
来てくれてありがとう
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。