スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちのレオパには「へそ」がある。

久しぶりの扶養家族ネタ。

タイトルで、なんだそりゃ?と思った人も多いだろう。「へそ」は哺乳類に特有であり、卵生の生物にはないと思われがちである。学校でそう習った人も多いのではないだろうか。

とにかくまずは画像を見ていただきたい。我が家のアイドルの一人、W&Yさんである。


W&Y
ヒョウモントカゲモドキ Eublepharis macularius
W&Y (het.RAPTOR, het. RADAR)

へそ……のようなものと、出っぱった鱗が少し。この個体は我が家にやってきた時点でもうヤングアダルトであり、どちらかというとあまりたくさん食べるほうではなく、何度も心配をした。そんなある日、ふと腹側を確認するとへそのようなものが……。なんじゃこりゃ!となって、調べるに至ったわけである。

調べてみたら、どうやら爬虫類にも「へそ」は存在するようだ。確かに卵の中にいるときには卵黄と体をつなぐ部分があって然るべきで、以前我が家でハッチしたレオパの中にも早産(という言い方が正しいのかわからないが)で、腹がペッタンコで卵黄をくっつけたまま生まれてきた個体もいた。思い出せばその個体も、下腹部のどこかに糸状のものをくっつけていた。どうやら爬虫類において多くの場合、成長とともに(例え上記個体のようについたまま生まれても)脱落し、痕が消えていくようだ。おそらくたまにこのように、へそのような痕が残る個体が存在するものと思われる。出っぱった部分の鱗は臍帯の名残だろうか。

W&Y
W&Y

じゃあ体に、他に何かあるのかといえば至って普通のレオパである。人懐っこいしよく歩くし、元気そのもの。

W&Y
W&Y


最後に、一枚目の写真を撮られてるときのW&Yさんのようす。

W&Y

二足歩行は好きでないらしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびオオセンチ

Author:ちびオオセンチ
vip虫すれ在住だった虫コテ。
太陽神で虫が好き。
カミキリ屋見習い。

☆おともだち☆
D5300
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
 
生き物に関係することをあれこれ書いています。
八重山諸島によく行くので、旅程モデルや島情報なんかも挙げてます。便利な採集用具まとめなんかも。詳しくはカテゴリの「便利情報まとめ」をどうぞ。
たまに日々の備忘録とか、ゲームとか。

ついったーやってるよ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
来てくれてありがとう
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。