スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各島について・与那国編

今日は与那国編だよー。
与那国

※当記事は与那国にほとんど行ったことがない方におすすめの記事です。観光関係のことも聞いた話や知っていることは書いていきますが、筆者はなにぶん昆虫採集か昼寝ばかりしておりますので、それ以外のことは知識程度にしかありません。ご理解ください。
※筆者は自分の経験に基づき、自分のスタイルならこれが最善というものをオススメしています。各店舗や観光名所の回し者ではありません。ご理解ください。
※前の記事八重山諸島(石垣・西表・与那国)へ行くときの旅程モデルと合わせて読むと幸せになれるよ。



今回は、
【Ⅰ】 与那国島の概要(ほんとにざっくりと)
【Ⅱ】 どこに何があるの?
【Ⅲ】 宿屋
【Ⅳ】 土産物関連





【Ⅰ】 与那国島の概要
 まずざっと与那国島について。与那国島は日本の西の端に位置し、西表なんかよりむしろずっと台湾に近いよっていう小さな島。天気が良ければ台湾見えるくらい。何も観光しないでボケーっと原付で外周道路走っても、おそらく一時間くらいで一周できちゃうんじゃないだろうか。
 八重山諸島の中でも少し離れたところに位置するだけあって、固有種も多くてとても楽しい。のんびりした雰囲気がいい。大きな河川がなく、泥が流れ込まないため海の透明度は上空から見ても圧倒的。本土から遠いため観光客の数もそう多すぎず、主にマリンスポーツや乗馬(ヨナグニウマ)が、観光の中心な感じ。
 夕飯をいただけるところはあんまりない。あっても予約しないと入れないか、飲み屋かになってくる。
ノブオオオアオコメツキ
与那国の虫 ノブオオオアオコメツキ Campsosternus nobuoi
ヨナグニサン
空飛ぶ雑巾こと、ヨナグニサン Attacus atlas ryukyuensis
西表にもいるけどね。
与那国

☆毒性をもつ生き物について覚えておくとよいこと
 ●毒蛇(ハブ)はいない。
 ●クヌギカレハの幼虫は山盛りいる。

☆活動について
 筆者は夏にしか行ったことがないが、与那国はとにかく暑い。陽射しは内地とは比べ物にならない。代わりに、日陰に入ると内地よりも涼しい。
 沖縄の人は皆、服を着て泳ぐ。水着など言語道断。日焼けなんてもんじゃない、やけど状態になってしまうからだという。
 あちこちに自販機があるので、水分や塩分の摂取はこまめに行うこと。また、一番暑い12:00~15:00くらいはほとんど虫も活動しなくなる。ビーティングも、圧倒的に夜間にやったほうがいい。どうしても昼に動かなければならない理由がなければ、夕方以降に向けて一度宿に帰り、シャワーでも浴びてサクッとお昼寝するとパフォーマンス向上につながる。




【Ⅱ】 どこに何があるの?
マップはぐーぐるまっぷから拝借。
与那国
 集落は3つ。赤丸の大きさは適当。与那国島には3つの集落があり、それぞれ久部良(くぶら)、祖納(そない)、比川(ひがわ)という。1本の外周道路が全てをつなぎ、集落以外の場所はだいたい山か畑か牧場。東西に大きな灯台があり、それぞれ東崎(あがりざき)、西崎(いりざき)という。太陽が上るから「あがり」、太陽が落ちるから「いり」である。空港は北にあって東西に伸び、1日に石垣空港との間を3往復している。
 詳しい店や観光スポットなどは離島ドットコム(与那国)が便利だが、きりがないのでよく行くところを抽出してみた。

次に、各集落について説明していく。

☆久部良(くぶら)
与那国
 …筆者がよく泊まる宿があるところなので、一番馴染み深い。西崎が近く、日本最西端の集落である。
  久部良にあるもの→駐在所・大朝商店金城釣具屋・ガソリンスタンド
  タイミング合わなくてなかなか行けないけど、モイストロールカフェのロールケーキが激うまらしい。行ってみたい。


☆比川(ひがわ)
与那国 Dr.コトー
 …西崎から東崎へ南ルートを辿って行くなら、この集落を抜ける必要がある。Dr.コトー診療所のロケ地が今も浜のあたりに残っている。比川浜は灯台の明かりもあまり届かないので、一番広範囲に渡って、かつ綺麗に星空が眺められる場所だと思う。久部良・祖納ほど規模は大きくない集落。わかなそばがうまいのと、共同売店が便利なのでよく通っている。
  比川にあるもの→比川共同売店わかなそば・他にも飯屋が多いので開拓したいところ。

☆祖納(そない)
与那国 ヤシガニ
 …一番大きい集落なのかな…?久部良と規模はどっこいだと思うけど、駐在所や郵便局があり、より都会的。ただ普段通過するだけなので、あまりぶらついたことはない。
  祖内にあるもの…駐在所・郵便局・役場・前原商店ふくやまスーパー

☆その他ショップ等
 ●アマランショップ…アイランドホテルに隣接している。品揃えが都会的。シャンプーやリンスの小瓶等、旅行用品もあるのでおすすめ。
 ●与那国ホンダ…自分は借りたことがないけど、店主が虫屋で有名な与那国ホンダ。夜は迷蝶屋のおじ様方の語らいの会があるらしい。




【Ⅲ】 宿屋
 とはいえいつもお世話になっている、ここがファイナルアンサーだろってところは筆者の中では1軒なので、もう1軒は噂はよく聞く候補ということで。

民宿もすら
 …いつもお世話になってるもすらさん。
  ●素泊まり1泊3500円(朝食パンつき)
  ●バスタオル・フェイスタオル・はぶらし付き
  ●風呂・トイレ・ドライヤー・キッチン共用・マンガ読み放題
  ●洗濯機(洗剤付き)・エアコン無料
  ●wi-fi飛んでる
  ●門限なし
  ●レンタカー・バイク屋併設
  ●道の向かいにガソスタ
  ●観光ツアー(マリンスポーツやグラスボート等)もやってる(筆者は未参加)
  ●エアコン無料(民宿は1時間いくらと書いてある有料エアコンがあるところも多い)
 というわけで、他の噂を聞いても自分の中ではここしかないなあ、という感じ。内地出身のご夫婦が経営されているこのお宿、オーナーさんや宿の人もとてもフレンドリーで、困っていたら親身になって対応してくださる素敵なところ。宿が船を持っていてツアーも組んでいるためマリンスポーツの人が主だが、観光や新婚旅行で、なんて人も多いしなんなら生き物目的の人もそれなりにいる。近場の地図も貸してくれて、初めてのときにはとても助かった。全力でおすすめしたいところ。

アイランドホテル与那国(候補)
 …噂には聞くアイランドホテル。
  ●軟水の風呂が売り。与那国はものっそい硬水なので髪がバシバシになるし体はなんだかギシギシする。すごく良いと思う。
  ●アメニティ充実してる感じ
  ●朝食付きツイン通常1泊6500円(2016/08/21現在/早割なんかがあるようだ)
  ●トイレ風呂は自室
  ●レストラン付き(夕食に出づらい与那国だと良いかも)
 という感じ。金に余裕があれば第2候補か……しかし山ばかり行っていて寝に帰るだけと考えると、ちびおは民宿が気楽でいいや。




【Ⅳ】 土産物関連
 …与那国特産の土産物でよさそうなものを挙げておく。
どなん(酒)
 …古くは渡航が難しく、「渡難(どなん)」と呼ばれた与那国の別名から名付けられた特産の泡盛。その度数は60度。
  度数はかなり強いが口当たりがよくつい飲んでしまう。うまい。
カジキ関連商品
 …カジキ漁が有名らしく、かまぼこやカジキチップがあちこちで売ってる。
  かまぼこ屋は徳食品のがなかなかうまかった。
●長命草(ボタンボウフウ)関連商品
 …与那国島に自生するボタンボウフウという植物が栄養価が高いらしく、資生堂が目をつけて長命草と別名を付け、ドリンクなど色々な商品を出している。また、島のカフェ等でも長命草を使った料理を出すところもある。



まあ、離島飯事情についてはおきしまさんを超える情報量の持ち主はないんですけども……。
さて、また思い付いたら書き足すかもしれませんが、与那国については以上。いずれ石垣編・西表編も書きますー。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびオオセンチ

Author:ちびオオセンチ
vip虫すれ在住だった虫コテ。
太陽神で虫が好き。
カミキリ屋見習い。

☆おともだち☆
D5300
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
 
生き物に関係することをあれこれ書いています。
八重山諸島によく行くので、旅程モデルや島情報なんかも挙げてます。便利な採集用具まとめなんかも。詳しくはカテゴリの「便利情報まとめ」をどうぞ。
たまに日々の備忘録とか、ゲームとか。

ついったーやってるよ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
来てくれてありがとう
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。