スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春イボタガ祭

さぁーて春の名物イボタガです。途中までひたすらくだらない採集記なので興味ない人は飛ばしてくんろ。


未だ見たことがなかったので今年こそは!と思い、繰り出して参りました。あわよくばエゾヨツメオオシモフリなんかも捕れたらなぁ、なーんて。



4/28。午前中の仕事を終え、とっとこと一人で向かいます。とっとことー。




とりあえず昼過ぎに到着。ぐるっと見て回る。カエデは咲いてるけどカミキリの姿は見えず。うーむ…。


長竿持ってフラフラしてたら観光客にガン見されまくり、ふてくされて橋のたもとに座ってたらスーツ姿の見知らぬ謎のおじさんに手を合わせて拝まれ、もう何が何だかわからなくなったちびオオセンチちびオオセンチ拝んでもなんも出ないですよ。どういうことなの。



カミキリいないし、川面も樹冠も春のディプテラ川虫祭だし、料亭前の橋を渡り、をしばきながら山を登る。

てっぺんの展望台に到着した頃にはすでに夕方。風が気持ちいい。思わずリュックを枕に長竿を抱き枕に、気を失うこと一時間。







…やっべえ!!そろそろ暗くなるがな!!!はらへったし飯も調達せんと!!!!!


というわけで駅前のデイリーヤマザキに戻り、カップ麺とおやつを食しながら夕暮れを待つ。

だいたい七時くらいに日が落ち、いよいよナイタースタート。ナイターのために300ルーメンの懐中電灯も新調したし、これは勝ったも同然じゃねえ?なんてニヤニヤしながら一人道をとことこ。



しかし行けども行けどもでかい鱗翅の姿は見えず。うーん…時期遅いか…なんて思いながらうろうろしてると、某トイレでエゾヨツの姿が!!

エゾヨツは次の記事で書くけど、俄然やる気が出るちびオオセンチ。むしろ今日の目標はえぞよっつんだったんだしかえろっかなー!とか言いつつ、一応は道をかなり奥のほうまで。



……しかし若干天気も悪く、夜道はいつも以上に殺風景。いつもなら定期的にすれ違う人が、今日はほとんどおらず、だんだんヘタレてくる

結局途中で折り返して帰路に。へたれ万歳




そしてとっとこ進んでると、何やらチャリを止めたおじさんが樹皮に向かってデジカメ構えてるのでなんとなく気になり声をかけてみる。


ちびオ「どうかされたんですか?(網持ってないし虫屋じゃないだろう…)」
おじさん「あれ見てみ、ほら」

ちびオ「うぎゃあああああああああああああああああああああイボタじゃないですかあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
おじさん「おぉ嬢ちゃんわかるか!!」
ちびオ「わっかりますよおおおおおうへえええええかっこいいうひょおjぽえjとlr」


聞けばおじさん、地元の人で、昔滝道付近でお仕事をしていらしたとか。そこでイボタガのことを聞き、イボタガの虜になりずっと探していた、ということらしい。


ちびオ「おおおおおおおじさん光源!光源提供しますぜええええwwww
おじさん「おおありがとう。カシャカシャ」


ちびオ「…コンデジでこの距離遠くないっすか?近寄せましょか?」
おじさん「え、こんな遠くなのに虫網届かないでしょう…」
ちびオ「どんとお任せくださいッ!5mあるのでしっかり届きますよー」
おじさん「おおおー!!!」



というわけで網に入れてまた撮影会開始。しかしイボタガ、あんま動かんね。近寄ると翅持ち上げて威嚇する姿がキュート!


DSC_1270-Edit1.jpg
イボタガ Brahmaea japonica (Butler 1873)

漢字では水蝋蛾と書くイボタガ。幼虫は、その名が冠するとおりイボタの木やネズミモチ、キンモクセイ、トネリコ等モクセイ科の葉につくようです。


イボタガ

いやはやしっかし愛らしくていらっしゃる。

その後おじさん、「僕は会えただけで満足だよ。じゃあね」と去って行ってしまい、ちびおは撮影会をしばらく続けましたとさ。



さてその日。きたーくしてから、スカイプでイボタ見たとかなんとかしゃべってたら、ちょうど関西に帰省していたお友達の@Pterowさんが俺も見たい、と言い始めたので連れていくことに。

4/29は29で@Pterowさんと遊び倒したのですが、30にまたリトライ。夜またイボタガを狙うべく、うろうろうろうろ。今度は連れがいるので気が大きくなったちびお。しかし@Pterowさん「さすがに女の一人ナイターはやめなさい」と言われてしまう。うむむ、正論です。



そして滝道をまたうろうろ。今度は奥まで行ったけど、どうにも川虫パラダイス。帰り道、若干諦めムードだったそのとき。


ちびお「おったああああああああああああああ!!!!!」

DSC_1326-Edit1.jpg


ボロボロながら、一頭発見。どうやらもう時期は終わりかけのよう。28に完品を採れたのが奇跡だったようです。


イボタガ
イボタガ with @Pterowさんの手

うっひゃああああああwwwwww顔かわいすぎワロタwwwwwwwwww
会うまでは正直、イボタガってイケメン系かと思ってた。でももうまじでかあああわええじゃないかあああああああああんん



DSC_1336-Edit1.jpg
イボタガ on @Pterowさんの膝


いやもうたまらない。まさか一発で会える、しかも二度とも会えるとは思いもしなかったのでとても嬉しかったです。

@Pterowさんも初見だったとか。よかったよかった!



今回うろうろしてて思ったことは、灯火にガンガンぶつかって飛ぶタイプではないのかな?ということ。二度とも灯火の近くの樹皮や、石壁にへばりついていたため。重量があるので、そうなるのかもしれない。また、二度とも、とある場所の近くで発見したので発生木からあまり遠くまでは飛ばないのかなぁなんて思ってみたり。来年も探しにきて、是非観察してみたいところ。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして、ありがとうございます。ちょこちょこ繰り出しているのですが今年はまだ会えていません。シーズンインに向けて頑張ります。
プロフィール

ちびオオセンチ

Author:ちびオオセンチ
vip虫すれ在住だった虫コテ。
太陽神で虫が好き。
カミキリ屋見習い。

☆おともだち☆
・D5300
・SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
・TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
・SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
・SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
 
生き物に関係することをあれこれ書いています。
八重山諸島によく行くので、旅程モデルや島情報なんかも挙げてます。便利な採集用具まとめなんかも。詳しくはカテゴリの「便利情報まとめ」をどうぞ。
たまに日々の備忘録とか、ゲームとか。

ついったーやってるよ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
来てくれてありがとう
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。