アギトアリ

先日(4/29)、大阪市立自然史博物館のM本先生と、こぶやはずさんと、ツイッターで知り合った女子大生の方と、現地で偶然遭遇したオカピとともにイボタガを探しに行った。


何回かに分けて書く。やっとこさ虫ブログに戻れそうでほっとするちびお


今回は、行き先で増えていると話題になっていたアギトアリ
以前も一度探しに行ったがあまりたくさんは見つからなかった。それもそのはず、最も多いポイントから少し離れたところで探していたようだ。今回行った場所では、暗くなって落ち葉をガサガサかき分けるとわらわら見つかった。





アギトアリ
アギトアリ Odontomachus monticola




なかなかピンが上手くあわず苦戦。マクロ用フラッシュ欲しいなあ。アリって黒一色だし、存外撮りづらい。

普通のアリを想像していたら結構でかいよ。10~13mmほどあるそう。大顎が大きいのが特徴。この大顎を180度も開き、バチン!と閉じるときの反動を利用し後ろへ飛ぶという習性がある。ただそんなに簡単にやってくれるものではないのか、結構いじめてみたけど飛ばなかった。




アギトアリ

またこのアギトアリ、尻に針も持っているらしく、下手に持つと刺されるよーと言われた。何気なく掴んだ後だったので驚いたが、確認してみたら確かに細い針を出し入れしている。刺されてどうのということはないと思うが、痛いのは嫌なので持つ時は注意が必要。


元は九州地方の生物のようで、恐らく人為的に持ち込まれたものだろうと言われている。ここでも着実に住みかを広げているようで、かっこいい虫ではあるんだが複雑なような…



また今度、大顎広げてるとことか撮れたらアップする予定。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびオオセンチ

Author:ちびオオセンチ
vip虫すれ在住だった虫コテ。
太陽神で虫が好き。
カミキリ屋見習い。

☆おともだち☆
・D5300
・SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
・TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
・SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
・SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
 
生き物に関係することをあれこれ書いています。
八重山諸島によく行くので、旅程モデルや島情報なんかも挙げてます。便利な採集用具まとめなんかも。詳しくはカテゴリの「便利情報まとめ」をどうぞ。
たまに日々の備忘録とか、ゲームとか。

ついったーやってるよ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
来てくれてありがとう
QRコード
QR